意味合いが似ている金融用語がありますが、特にキャッシングとカードローンというお金を借りて行く行為が同じではないかと考えてしまうケースがあります。しかしそれぞれの意味合いがありますので、把握する必要があります。

キャッシングというのは小口の短期融資といわれるもので、一括払いや分割払いなどがあります。最も馴染みがあるキャッシングといわれるのは、主にクレジットカードへサービスとして付帯されている融資機能となっています。
クレジットカードというのは、もともとは買い物や旅行などで活用される多額の現金を実際に財布などに入れて持ち歩いていく行為を避けるために開発されたものです。
キャッシングも同様で、大金を持っていく必要が無いため安心感を持つことができますが、支払い方法も少額で考えられているため一括や分割で支払いができるようになっているという点です。小口融資となるので、最低でも1万円単位から借りていくことができるようになっています。

一方カードローンは利用者によって大口融資を提供しているケースもありますが、支払い方法の基本としてリボルビング払いとなっています。少ないものでも10万円程度まで借りて行くことができますが、高額になると数百万円となりますので、安心して借りることができるでしょう。
ただ総量規制の対象となることもありますので、金額によっては借りることができないケースも出てきます。長期返済を基本的にベースとしている金利に設定されていることもあり、負担はかさんでしまうこともありますので注意しましょう。

Comments Are Closed!!!