状況に応じて選ぼう

状況に応じて選ぼう

管理人 No Comments

キャッシングとカードローンの使用用途ならびに目的などは大きく異なります。詳しく見ていけば利息の計算方法や金利、さらに返済方法や融資なども異なっていますので、内容を理解ながら利用していくことが重要となります。
利用目的が一体何かをしっかりと考えていき、当然のように返済計画を作りながら利用目的に合わせてキャッシングやカードローンを選んでいくことが大事です。

多くの金融機関でキャッシングだけでなくカードローンでも、最近ではインターネットなどで簡単に申し込めるようになっています。そして審査が通らなければ何個もキャッシングやカードローンに申し込んでしまうこともあるでしょう。
しかしシチュエーションによっては、複数のキャッシングやカードローンを利用しなくても済むことがありますので、シチュエーションに合わせながら申し込んでいくことも重要です。

切羽詰まっているシチュエーションでは、ついついやけくそ気味になって即日融資のキャッシングやカードローンに頼ってしまうこともあります。しかしその後の返済計画を明確に打ち出さなければ、借金として残ってしまいます。無理なくキャッシングやカードローンが使えるように、一度冷静に使用用途を考えつつ申し込んでいくようにしましょう。

カードローンとは

管理人 No Comments

カードローンというのは、個人向けとして提供されている無担保融資となります。担保を付けることなく消費者金融などでお金を貸していきますので、個人での信用を把握して審査をクリアした人に対して提供されるローンとなっています。
したがって銀行などで利用する自動車ローンなどのような、誰でも比較的借りていくことができるローンとは異なり、審査の状況で否決となってしまうケースもカードローンではあります。気軽に借りていくことができるローンではないという点を理解しましょう。

厳格な年収制限などが存在するものではカードローンではありません。原則としてカードローンは定職に就いていて、常に安定した給料などの収入があるという方であれば、誰でも申込みを行うことが可能となっています。限度額も低額のカードローンが多く提供されており、バイトをしている学生であったり専業主婦でもカードローンを利用できるようになっています。

カードローンはフリーローンになっていることが多く、資金の使途について限定することがありません。金利も低くなっていることがありますが、特に特徴的なのは限度額の中で何回でもお金を借りたり返済を行うことができます。返済方式はリボルビング払いなどがありますので、ライフプランに合わせて決めていきましょう。

キャッシングとは

管理人 No Comments

キャッシングというのは一般的にクレジットカードに付帯しているケースが多いです。消費者金融などの窓口であったりATM、さらに専用のキャッシュディスペンサーなどを利用しながら少額からお金を借りていくことができるサービスとなっています。
キャッシングによって引き出すことができる金額の上限というのは、事前の契約内容より決定していきます。

契約を行う前には審査を行う必要がありますが、必ず金融機関の審査をクリアしなければキャッシングを利用していくことはできません。口座よりお金を引き出していくことは決して借金ではありません。しかし消費者金融よりお金を借りていく際には、借金となりますので注意しなければなりません。返済プランをしっかりと持って、返済に努めていく必要はあります。

主なキャッシングの返済方法としては、翌月に一括払いを行っていくことが一般的となっています。翌月の返済日が来る前に、借入れている金額と一緒に利息分を追加しながら支払っていきます。業者によっては無利息期間を設けている場合もあります。そういった期間を上手に使ってキャッシングをする方法も良いでしょう。どちらにせよ手元にお金が一切ない状態でも、キャッシングを利用しながら給料日までお金を保てるようになります。また、返済プランを考えながら、数ヶ月かけずにキャッシングを完済できるように意識することが重要です。

参照資料>http://noloan.com/
一週間無利息で即日融資可能な消費者金融です。

キャッシングと比較

管理人 No Comments

意味合いが似ている金融用語がありますが、特にキャッシングとカードローンというお金を借りて行く行為が同じではないかと考えてしまうケースがあります。しかしそれぞれの意味合いがありますので、把握する必要があります。

キャッシングというのは小口の短期融資といわれるもので、一括払いや分割払いなどがあります。最も馴染みがあるキャッシングといわれるのは、主にクレジットカードへサービスとして付帯されている融資機能となっています。
クレジットカードというのは、もともとは買い物や旅行などで活用される多額の現金を実際に財布などに入れて持ち歩いていく行為を避けるために開発されたものです。
キャッシングも同様で、大金を持っていく必要が無いため安心感を持つことができますが、支払い方法も少額で考えられているため一括や分割で支払いができるようになっているという点です。小口融資となるので、最低でも1万円単位から借りていくことができるようになっています。

一方カードローンは利用者によって大口融資を提供しているケースもありますが、支払い方法の基本としてリボルビング払いとなっています。少ないものでも10万円程度まで借りて行くことができますが、高額になると数百万円となりますので、安心して借りることができるでしょう。
ただ総量規制の対象となることもありますので、金額によっては借りることができないケースも出てきます。長期返済を基本的にベースとしている金利に設定されていることもあり、負担はかさんでしまうこともありますので注意しましょう。